各種講習のご案内

ボイラー実技講習

( 登録:大分労働局  登録番号:第大分5ー実ボ1号 登録有効期間満了日:2029年3月30日 )

2024年5月9日(木)~2024年5月11日(土)

受付期間 2024年3月11日(月)~2024年5月2日(木)
定員 40名  残り 28名
講習時間 8:10受付
8:35開講~16:40閉講

2024年7月5日(金)~2024年7月7日(日)

受付期間 2024年5月7日(月)~2024年6月28日(金)
定員 40名  残り 40名
講習時間 8:10受付
8:35開講~16:40閉講

2024年9月4日(水)~2024年9月6日(金)

                    
受付期間 2024年7月4日(木)~2024年8月28日(水)
定員 40名  残り 40名
講習時間 8:10受付
8:35開講~16:40閉講

※講習終了後、修了証を交付します。印鑑をご持参ください。
※講習の申し込み期間は、講習日の2ヶ月前~1週間前の間です。
掲載事項の詳細は、日本ボイラ協会大分支部までお問い合わせください。

会場

ポリテクセンター大分(大分職業能力開発センター)
大分市大字皆春1483番地の1

受講料
21,500円(税込)
使用テキスト
ボイラー実技テキスト 1,210円(税込)
合  計
受講料・テキスト代 22,710円(税込)

ボイラー実技講習とは

取得すれば幅広い職場で生かせる「就職」の強い味方二級ボイラー技士の資格を取ろう

ボイラーは、水から巨大なエネルギーを造り出すマシーンで、多くの産業現場やビルなどに設置されています。
エネルギーの省力化・高度化が進んでも、ボイラー、圧力容器が生産現場の中心であることに変りはありません。
ボイラーを運転するには、ボイラー技士免許という国家資格が必要です。
ボイラー技士は、工場、病院、各種ビル、事務所等に設置してあるボイラーの取扱いに活躍しています。
更に、一級、特級ボイラ技士免許を取得すれば、ボイラー取扱作業主任者に選任されるなど、昇進の道が開けます。

平成24年4月1日から二級ボイラー技士試験の受験資格が不要となりました  

ボイラー技士免許は、国の試験資格です。合格には、厳しい勉強が必要ですが、それだけに貴重な資格です。
ボイラー実技講習が、二級ボイラー技士の受験資格要件から免許資格要件に変わりました。

  実技講習修了 ⇒ 免許試験合格 ⇒ 免許交付申請
  免許試験合格 ⇒ 実技講習修了 ⇒ 免許交付申請

ボイラー実技講習を受けてみませんか?
  • 二級ボイラー技士免許があれば、すべてのボイラーを運転することができます。
  • ボイラー取扱作業主任者になるには、ボイラーの大きさによって、さらに一級、特級の資格が必要です。
  • ボイラー技士免許を受けるためには、大分労働局長登録の『ボイラー実技講習』(3日間)を受講すれば免許 資格要件を得ることができます。
  • 「ボイラー実技講習」の修了証には、有効期限等はありません。
  • 高校在学中に受講すると、二級ボイラー技士免許試験受験の申請が、学校長の証明のみで受験できます。
このページの先頭へ
一般社団法人 日本ボイラ協会 大分支部
〒870-0023 大分市長浜町3丁目15番19号 大分商工会議所ビル3階
TEL : 097-532-5749  FAX : 097-574-5849
E-Mail:nbaoita@nifty.com